インプレッサ試乗

朝一番にスバルDに行き、インプレッサの試乗をしてきました。
グレードはS-GT、旧型でいえばWRXに相当するものです。
乗ってみた感想は、きわめて普通の車です。
蒼獅子君と比べるまでもなく、運転しやすいですよ。
乗り心地は良く、加速もマイルドで、いつターボが効いているのか?わからないくらいです。
営業マンが言っていた「より万人向けにつくられた」という意味がわかります。
従来のスバル車からすれば、より薄味になったというべきでしょうか。
着実にトヨタ寄りの車造りにシフトしているなぁ・・・と。

濃い味(笑)に慣れているユーザのほとんどは物足りないと感じるでしょう。
試乗しても欲しいと思えず、購買意欲が沸く車ではありませんでした。
ある意味ほっとしています(笑)

インプレッサ試乗” に対して2件のコメントがあります。

  1. gadrinium より:

    そうなんすよ、normalなんです(w
    濃いのはSTIだけでいいのかな、と
    思ったりなんかしてます。WRXと
    WRX STIの違いが一般人には
    分かりませんけど、きっと今度の
    STIは・・・モンスターですから
    差別化は出来るでしょうね。
    おっしゃるとおり、購買意欲の沸く
    車ではとてもありえません。
    どちらかというと、家庭の事情で
    うちに導入される可能性は否定
    できませんねぇ(苦笑)

  2. admin より:

    既存のスバルユーザのためにSTIがあるのかもしれません。STIが出るまで買い替えは保留というユーザは結構多いのかも。
    結婚して家庭の事情で乗り換えとなると、本人の意思とは無関係に車を選択せざるを得なくなるんですよね。
    維持費の高い車は、ドナドナを宣告されるのも時間の問題だったりします(汗

コメントは受け付けていません。

前の記事

キョンセーム

次の記事

個人輸入の落とし穴