こういう企業が増えれば日本の未来は明るい

SONYも脱帽。先見の明で8ミリビデオ時代を制したスゴ腕の町工場を読んで、ただただ「凄いなー」と感心するばかりです。企業の経営者としての目指すべき姿というものはこういうものなんだろうな…と。この国に必要な成長戦略というものは、こういう企業を育て増やしていくことであって、インバウンドだ!カジノだ!ということではないのだと思います。大事なことを博打にゆだねてどうするねん!

今の日本を振り返ってみると、政府からして口八丁手八丁、「なんじゃそれ???」と思うような自分に都合の良い解釈をする政治家ばかり。企業も責任と取るべき立場にある人間が、部下に責任を転嫁して逃げる無責任者が目立ちます。テレビドラマにもありましたよねぇ、「部下の手柄は上司の手柄、上司の失敗は部下の責任」って(苦笑)。「政治は国民を映す鏡」とはよく言ったものです。マスコミのスキャンダル報道に踊らされることなく、国会運営を注視してマズイものにはストップをかける!(過去の歴史を振り返ってみると、国会で重要法案を審議しているとき、狙ったかのようにマスコミのスキャンダル報道があることがわかっています)。我々国民がレベルアップしていかないと、政治は良くならないんだよな。