NETGEAR GC510P PoE+ Insight Managed Smart Cloud Switch Unboxing

NETGEAR GC510Pを安く買おうとして失敗したのは数日前の投稿で書いた通りです。同じ轍を踏む気はさらさらないので、在庫のある日本の代理店から正規品を購入しました。お店の商品ページでは在庫僅少だったのですが、注文後に商品ページを見たら在庫なしに変わっていたので、在庫のラストワンだったようです。

外箱の表と裏です。正規輸入品ですがパッケージは日本語ローカライズ化はされていません。

間違えて送られてきた下位グレード(GC110P)と並べるとサイズの違いがはっきりします。

ラベルはGC510P-100AJSなので日本仕様です。海外仕様だとGC510P-100EUSやGC510P-100NASになるかと思います。

箱を開けて一番最初に目に入ってきたのが日本語のインストールガイドでした。

GC510P本体(前面)です。左側にLEDが2つあるだけのシンプルデザインです。

GC510P本体(裏面)です。左から動作LED、8つのイーサネットポート(10/100/1000Mbps)、2つのSFP、電源コネクタです。

GC510Pの底面に貼ってあるラベルです。右側にあるQRコードをスマホアプリで読みとることによって、設定を簡単に行えるようになっています。スマホアプリが無い場合またはスマホアプリで管理しない場合は、QRコード下の「DEFAULT ACCESS」と書いてある情報を元に設定を行う必要があります。

付属品一覧です。19インチラックにマウントできるようにブラケット&ネジ、業務用という位置づけの製品なのに使い道に困る平べったいLANケーブル、電源ケーブルが2種類(1種類は日本では使えない形状の端子)が付属してきます。

日本語のインストールマニュアルはありますが、スマホアプリをダウンロード・インストールして起動すれば、あとは画面の指示に従うだけです。

有償サポートサービスパックのご案内です。標準で5年間の保証がついていますが、クイックデリバリーやオンサイトサポートが必要ならば別途契約する必要があります。個人使用ではそこまで必要ないので、契約はしないことにします。

前の記事

鼻のど風邪