エレコム 1000BASE-T対応 スイッチングハブ EHC-G03PA-SB

仕事の現場に出入りしている業者さんが使っているのを見て、真似して購入しました(笑)。

パッケージとしては3ポートGIGAスイッチングハブ+ACアダプターです。

LANが3ポートしかないので、2方向に分岐するなどの使い道しかないですが、事の本質はそこではなくて…

電源が良く見かける丸型のDCジャックではなく、マイクロUSBになっています。ここがポイントです!

モバイルバッテリーから給電することで、簡易LANテスターとして使えるのでした。LANコネクタ(RJ45)がオープンになっているケーブルをこのテスターに挿して、リンクアップすれば生きているということがわかりますし(下手にスイッチングハブに接続しないようにしなきゃループ接続の原因になる)、LANケーブルを挿してLOOPのLEDが点灯すれば、ケーブルの先のどこかでループ接続が起きているということがわかります。

前述の説明を読んで「何を言っているのか?まったくわからない」という人には、きっと無用なものです(笑)。
でもね、現場ではこちらの理解を超越した使い方をしているお客様が少なくないのです…。知らないということは怖いことなんだとつくづく思います。