キングジム オートソープディスペンサー LD-ASD300 シロ

SNSの広告に釣られてオートソープディスペンサーを買ってしまいました。ひとり暮らしだと衛生管理は自分次第なので、ハンドソープを自分以外が使うってことは恋人がいない現状では非常に稀なんですが(笑)

余計な飾りはなくシンプルなデザインです。目的・用途から言っても汚れる可能性大のため、清掃しやすいシンプルなデザインが望まれます。

下段(左)がタンク、上段(右)がポンプとなっています。遠目に見ればマックシェイクか何かに見えなくもない。

電源として単三アルカリ電池が4本必要となっています。エネループを使ったら「電池残量が残り少ない」ことを示す赤ランプがつきました。エネループなどの充電池は電圧が1.2Vと少し低めになっているので、電圧を判定してそうなっていると思われます。使えなくはないからこのまま使いますが、良い子は真似しないでね(笑)。

早速ボトルにハンドソープを充填してキッチンに置きました。実際に使ってみると「はいはい?」という感じです。きめ細かな泡が出てきますが、「これだけ?」っていうくらいボリューム感はありません。

これに3千円相当の価値があるかは…。どうせ買うなら水の要らないアルコールディスペンサーの方が良かったかも。アルコール消毒液の入手性も以前に比べたら大幅に改善されていますし。