ABA-DZF4R 純正フライホイールが劣化した場合の修理方法の最適解を探る☆

メガーヌ3 RSの一部の部品が非常に高価であるという話を耳にするようになりました。ハブベアリングを内蔵したリアブレーキローター、デュアルマスフライホイール(DMF)、デュアルアクスルストラットサスペンション(DASS)など...。ちなみにデュアルマスフライホイールは部品代だけで18万円くらいするそうです...そしてその仕組み上消耗品という定義です(要は壊れるということです)。

長く乗り続けたいと思う反面、あまりにも維持費が掛かるようだと維持できなくなるわけでして、どうやって修理費を工面するか?という現実的問題があります。自分で修理するなら工賃は節約(圧縮)できますが、現実はそう簡単なことではありません。純正部品が高いなら、少しでも安く入手できる互換部品はないか?と考えるのはごく自然なことです。

Xtreme Clutchというメーカーで適合するクラッチキットがあると耳にして調べたら、シングルマスフライホイール(SMF)に置き換えるタイプのクラッチキットを見つけました。

KRE24616-1A | Xtreme Performance - Heavy Duty Organic Clutch Kit Incl Flywheel & CSC

型式でググってヒットしたDRIFTWORKSで見積もってみると...

1206.89GBPとなりました。日本円に換算すると18万円前後といったところでしょうか。フライホイールだけシングルマスタイプに置き換え、クラッチディスク&クラッチカバーは純正のままとすると、純正クラッチディスクにダンパーがついていない為、アイドリング時に異音がするそうですが、これはクラッチディスクにダンパーがついているので異音が抑えられそうな気がします。

長い目で見ればサードパーティの製品はいつまで供給されるのか?不安が残ります。

Renault Megane Mk3 - Renault OE Flywheel - RS 250 / 265 / 275

Renault Megane Mk3 - Renault OE Clutch Kit - RS 250 / 265 / 275

結局は純正部品が一番安心だよねーとなるわけで(笑)。非常に高価な純正部品も海外から取り寄せると、フライホイールだけなら8万円くらいで買えそうです。純正3点セット(フライホイール、クラッチディスク、クラッチカバー)で13万円くらい。フライホイール以外のパーツは国内で調達してもたいして価格が変わらないなら、ディーラー経由で買った方が良いと思います。

お金を節約しようと思ったら、自分で色々と面倒なことをしなきゃならないし、リスクも抱えることになるのですよ。最終的にはそこにかかる労力(時間)やリスクを抱えるのが割に合わないなら、全てディーラーにお任せした方が良いとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA