肝心なときに困らないために…

予備バッテリーを充電します(もう見飽きた?)。この予備バッテリーはクルマには使わず、停電時にDC-ACコンバーターを使って家電製品を動かします。
今回の充電器は久々に登場するCTEK MXS5.0JPを使いました。

一晩みっちり充電したら良い数字が出ました。さすがCTEKです!

ジャンプスターターとエアーコンプレッサーのバッテリーも充電しておきます。クルマのトランクルームに放置せず、定期的に確認することが大切です。リチウムイオン電池は、過放電してしまうと復活させるのが難しいですからね。スペアタイヤだって車載してても空気が抜けていたら、肝心なときに役に立たない訳です。もっとも自身でタイヤ交換が出来ない人が増えているようなので、ただのバラスト(重り)になっているケースは多いですが…。