メガーヌ3 RS 後期型のH7バルブをLED化するのは鬼門?

メガーヌ3 RS 後期型のH7バルブをLED化する情報はあまり出てきませんね。そもそも日本市場において、大手メーカーが発売しているLED H7バルブの選択肢はそう多くありません。BELLOF FORCERAYも在庫限りで販売終了となっていました。PhilipsはWebサイトに商品情報はあるのに取扱店が見当たりません。LED H4バルブの選択肢は多いのに、H7という規格に何かしら技術的問題があるのでしょうか?

そんな中、powerbulbsというショッピングサイトでメガーヌの適合情報を見つけました。LED H7バルブは6種類リストアップされますが、規格に適合するだけで実際に装着可能なことを保証するものでは無さそうです。

Philipsの一番廉価なUltinon LED (型番:11972ULX2)はリフレクターヘッドライト専用でプロジェクターヘッドライトには装着不可とのこと。X-tremeUltinon LED(型番:12985BWX2)はX-tremeUltinon LED Gen2(型番:11972XUVX2)に置き換わっていくように見えます。実質的な候補としてはPhilips(X-tremeUltinon LED Gen2)とPIAAの2つに絞られるのではないかと思います。前者はCANBUSワーニングキャンセラー非内蔵で、後者はCANBUSワーニングキャンセラー内蔵です。Philipsは別売でCANBUSワーニングキャンセラーを販売しているので、問題が発生した場合はそれを追加購入する必要があります。”Made to PIAA-Japan’s high manufacturing standards”とあるように、PIAAを選択した方が安心でしょうか。

あれ?PIAAは日本国内でLED H7バルブを販売していたよね…と思ったら二輪車専用でした。

個人的にはfcl.のセカンドブランドであるBOOST LIGHTINGのLED H7バルブが良さそうだな…と思っているのですが、これはこれで実店舗販売限定という入手性の困難さがあるのでした。fcl.からまもなく2019年新モデルが発売されるようなので、そちらを試してみようかなぁ…と妄想中なのでありました(笑)