YAMAHA NVR510 with IPv6/IPoE+v6プラスでインターネット

YAMAHA NVR510が届いたので、事前に用意していたconfigをmicroSDカードに入れ、起動してみましたが、インターネットに繋がらず。すんなり行くはず…だったんだけどなぁ(笑)。家族が居たら非難轟々な展開ですよ、これ。

“show status tunnel 1″コマンドで状況を確認すると「tunnel 1にIPv6が割当られない」

という症状が出ていて、そりゃあインターネットに繋がらないわけだ。もう一台のYAMAHA NVR510(※誤ってヤフオクで落札しまった:現在ヤフオクに出品中)で確認するも症状は変わらず頭を抱える。だが、(自分が得意な分野だけの)障害があると燃える男、3時間かけてconfigを散々いじくり倒した結果…

dns server 8.8.8.8 8.8.4.4

等というDNSサーバをIPv4アドレス(上記の例はGoogle Public DNSです。最近では1.1.1.1や1.0.0.1というCloudflare Public DNSもあります。)で直に指定していると症状が出ることを突き止めまして、現在ネットボランチコールセンターに問い合わせ中です(バグの可能性があります)。

問題なく接続出来るようになったとき、時計の針は22:30を廻っていました。やれやれだぜ(笑)。

スピードテストの結果です。やはりVSDLが頭打ちになっていますね。今のアパートは構内配線を光で引き直してはくれないので、転職と一緒に屋移りするのが無難なようです。

ipv6-test.comでの診断結果。当然問題なし。

test-ipv6.comでの診断結果。こちらも問題なし。

テストランもALL OKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA