山形駅西口 自然石舗装からアスファルト舗装へ

少し前から山形駅西口の自然石舗装が撤去され、アスファルト舗装へ置き換えられる工事が行われています。アイキャッチ画像は昨日の朝のもので、今朝の時点では交差点の中は暫定アスファルト舗装が完了していました。本舗装はいつ行われるかは不明です。

上記ツイートにあるのリンク先の記事(山形新聞のページになります。いつまで開けるかは不明です。)を読むと、山形市内の除雪は下手くそ過ぎて論外で、定期的なモルタルの補修は必須なのに、それを行っていないのが最大の問題です(メンテナンスフリーではない)。割れた自然石の予備が無いという「行政あるある」は、「またか…」とガッカリさせられます(´・ω・`)

20年持っただけマシ…なのかもしれない

個人的には味気ないアスファルト舗装よりも風情があって好きだったんですが…。周辺道路の歩道も自然石が敷設されていますが、こっちは雨の日に滑りやすくて嫌でした(苦笑)。道路の自然石は置き換えらるものの、歩道の自然石は下に融雪パイプが通っているであろうと思われ、当面はそのままになりそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA