Apple iPhone SEに乗り換えて感じたこと

Apple iPhone 5sからApple iPhone SEに乗り換えて2週間が経過しました。劇的な変化はありませんが、気付いた点を記しておきます。

1. Qrio Smart Lockとの接続性が向上

Apple iPhone 5sのときにはQrio Smart LockとのBluetooth接続がスムーズにできない(Qrio Smart Lockを見つけられない)ことがありましたが、Apple iPhone SEにしてからはBluetooth接続がスムーズになり、手ぶらで解錠の作動率が上がりました。バッテリー劣化に伴い、iPhone 5sの性能がダウンしていたことが影響していたのか、それともBluetoothの規格が4.0から4.2に変わったことが影響しているのか…。後者の影響の方が大きいかなぁ?。

2. 4G接続でIPv6アドレス取得が可能に

Apple iPhone 5sではIPv6対応APN構成プロファイルをインストールしてもIPv6アドレス取得が出来ませんでしたが、Apple iPhone SEではIPv6アドレス取得が可能になり、IPv4/IPv6デュアルスタックによる接続が可能になりました。IPv4アドレスしか取得出来なくて困ったことは何ひとつありませんから、これは単純に自己満足です(笑)。

3. カメラの動作スピードが向上

Apple iPhone 5sとApple iPhone SEではAF(オートフォーカス)の動作速度に違いがあり、Apple iPhone 5sではシャッターボタンを押してシャッターが切れるまで待たされることが多かったですが、Apple iPhone SEではシャッターボタンを押したら直ぐにシャッター切れるようになりました。AF速度の他には画素数が増えていますが、トリミングして使うことが多いので、あまりメリットを感じていません。