DRBD + Heartbeat V2

DRBD を Heartbeat V2のCRMで動かすときにハマリました。
移行ツールのharesources2cib.pyを使って設定ファイル(/var/lib/heartbeat/crm/cib.xml)を作成したのですが

drbddiskのリソース名を省略した

ことが原因でdrbdのリソースをマウント→失敗→リトライの繰り返し→終了となってました。
V1の設定ファイル(/etc/ha.d/haresources)では省略しても問題ないだけに落とし穴です。
V2のCRMを使うとサービスの起動が遅いですし、2nodeで細かい制御が必要なければV1でも十分だと思います。
ただ、crm_monコマンドでFailover時の動きが見えるのは面白いです。

前の記事

CentOS4.6 + DRBD + Heartbeat