CentOS4.6 + DRBD + Heartbeat

LinuxによるHAクラスタの構築実験中です。
余っている実機が無いので、VMware Serverで仮想マシンを作成しました。
OSはCentOS4.6を使い、DRBDやHeartBeatもCentOSで用意されているRPMパッケージを使いました。
DRBDのバージョンは7系になりますが、特に問題はありませんのでそのまま使います。

1年以上前にも実験していたはずなのですが、多くのことを忘れていますね。
ネットで検索した情報を元に作業を行いましたが、自分が忘備録を残していたことすら忘れていました。
作業手順は難しくはないので、さっくりと実験環境の構築終了。
DRBD + Heartbeatの上にApache2とMySQL4.1を載せたFailoverの実験では切り替えに20秒ほど時間が掛かります。
Xen のライブマイグレーションにはぼど遠い出来ですが。

技術的な面はほぼクリア(*1)しているものの、実際に導入するとなるとランニングコストなどの費用の面がネックです。
イニシャルコストやランニングコストが高くとも土日に

枕を高くして臥す

ことができる環境をつくりたいものです。

*1 DRBDの共有ディスクがおかしくなる可能性はゼロではないため

前の記事

手打ちそば 庄司

次の記事

DRBD + Heartbeat V2