DRBD(RPMパッケージの作り方)

うちの環境は CentOS 3.6(kernel 2.4.21-37.0.1.EL)、DRBD-0.7.15なので適宜読み替えて作業する必要があります。
●カーネルソースを入れていない場合はカーネルソースのインストールをします。

# yum install kernel-source

●コンパイルの前にバージョン情報を書き換えます。

※/usr/src/linux-2.4/Makefile の3行目
# cd /usr/src/linux-2.4
# vi Makefile
EXTRAVERSION = -37.0.1.ELcustom
↓
EXTRAVERSION = -37.0.1.EL
# make mrproper
# cp /boot/config-2.4.21-37.0.1.EL .config
# make oldconfig
# make dep

●drbdの展開

# cd /root
# wget http://oss.linbit.com/drbd/0.7/drbd-0.7.15.tar.gz
# tar -xvzf drbd-0.7.15.tar.gz

●RPMパッケージの作成

# cd drbd-0.7.15
# make rpm KDIR=/usr/src/linux-2.4/

これで /root/drbd-0.7.15/dist/RPMS/i386にRPMパッケージが作成されます。

前の記事

DRBD

次の記事

DRBD(インストール)