CarBlockとSmart Car Charger

自動車での輸送事業にブロックチェーン技術を活用し革命をもたらします。
スマートデバイスによって生成されたデータに基づいて構築された世界初のブロックチェーンベースの輸送ソリューションです。
ブロックチェーン上のこのカーデータの循環は、接続された自動車業界全体を混乱させるように設定されています。
レンタカー・自動車保険・修理などの管理をブロックチェーン技術を使い一括管理します。
すでにBMW、フォードなどの自動車メーカーとも提携しています。

CarBlockとは簡単に言うと仮想通貨の一種になるようです。通過名(トークン)は「CAR」って、そのまんまやなぁ(笑)。

「仮想通貨なんて自分には関係ない。縁がない。」と思っていましたが、ZUS® Smart Driving Assistant Appの設定画面に「CarBlock Token」という見慣れぬ項目があり、ここをタップすると…

マイニング(Mining: 採掘)の設定が出来るようです。[Start Mining]をタップするとマイニング開始となりますが、マイニングにはZUS Smart Car Chargerまたはnonda Smart Car Chargerが必要です。

昨日のマイニングは0です。まだ設定して走ってないから。

CarBlockの設定画面です。マイニングに使うストレージサイズの変更が出来ます。


特に難しいことはありませんが、スマートフォンへの負荷が上がると、Bluetooth通信でモニターに悪影響が出そう(特にAndroid系は)。日本では使い途やメリットは無さそうですし、話のネタにするにしても、誰も乗ってこないでしょうねー。