メモリを4GBに増設

Thinkpad T500に先日購入したTranscend TS256MSK64V1Uを取り付けました。

取り付け方法は以下の通りです。

  1. AC電源をバッテリーパックを取り外す
  2. 本体裏のネジを4箇所外す
  3. パームレストを取り外す(指紋センサーコネクタも一緒に外す)
  4. メモリスロットにメモリモジュールを取り付ける

メモリを取り付けたら逆の手順で戻せば作業完了です。
Thinkpad X61は本体裏にある蓋を外せばすぐメモリスロットにアクセスできるので簡単なのですが、Thinkpad T500は手順が増えてちょっと面倒です。
詳細は保守マニュアルに載っていますので、そちらを見た方が良いでしょう。

Lenovo ハードウェア保守マニュアル – ThinkPad T500, W500 – Japan

ちなみに純正メモリはElpidaでした。

メモリを取り付けたらOSを起動してメモリテストをしておきます。
Vistaのメモリ診断ツール、Lenovo PC-Doctorと両方で検査して問題ありませんでした。
OSから使えるメモリは3GB、残りの1GBが遊んでいます。
有効利用できる方法を考えます。

前の記事

Heartbeatでquotaを使う

次の記事

駆け込みました