映画『天空の蜂』

9月12日に公開されたばかりの映画『天空の蜂』を観てきました。
さすが東野圭吾!と天才ぶりを思い知らされる作品です。
それは、この原作が1995年と今から20年前に書かれたというのですから。

『電気は人命よりも重い』

これは劇中である台詞です。
はっきり言って内容はかなりヘヴィです(ヴァイオレンスな要素ありなので苦手な人は注意!)。
でもグイグイと引き込まれて観てしまいました。
2時間を超える超大作なので、観終わった後はお尻が痛いです(笑)。
色々と考えさせられますよ、今の日本という国の原発政策には。

次の記事

PEUGEOT RCZ R Final Version Debut!