映画『コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた』


10月10日に続いて2日連続で映画鑑賞です。

待望のコードギアスの映画化!
時系列は『反逆のルルーシュ』と『反逆のルルーシュR2』の間に位置するサイドストーリー(になるのかな?)
主人公の日向アキトはその身体能力の高さ、ギアスにかかっている(目の輪郭が赤く光る)などから、枢木スザクを彷彿とさせるキャラクター。
どんなギアスにかかっているのかは不明だが、物語が進んでいけば明らかになるのだろう。
主人公が駆るナイトメアフレーム(KMF)のアレクサンダは決してカッコイイとは思えず、インセクト・モードは正直キモい★
カッコ良さでは枢木スザクの駆るランスロットには遠く及ばない。

この映画はアクションシーンが多いので見どころは多く、楽しめる映画になっています。
第2章にも期待しています。

前の記事

映画『夢売るふたり』

次の記事

Rest in peace, brother