Lenovo ThinkPad X1 Carbon (3rd Gen 2015) 20BT-CTO1W

ヤフオクで落札したLenovo ThinkPad X1 Carbonが届いたので、清掃しつつWindows10のインストールを行いました。

心配していたタバコのヤニ臭さはなく(中古パソコンの場合、そこそこの確立で当たります)、天板には目立ったシール痕はなく、キーボードはテカリがほとんどなく、パームレストにはシール痕もテカリもない非常に綺麗な個体でした。それでもメラミンスポンジを使って軽く擦ると、メラミンスポンジが汚れるので、相応に汚れは蓄積していたようです。

Lenovo Vantageを使ってIntel ME(Management Engine)のファームウェアをアップデート実施中…。

BIOSのアップデート中。Windows10側でのBIOSのアップデート準備中にエラーが発生し、Windows10が異常終了したので肝を冷やしました。BIOSのアップデートは、失敗したら文鎮化するリスクがあります。故に買った中古PCの多くはBIOSのアップデートをされていない個体が多いです。問題を感じていなければBIOSをアップデートしてもしなくても目に見える変化がありませんからね。

嬉しい誤算がひとつ。液晶の解像度がFHD(1920 x 1080)ではなく、WQHD(2560 x 1440)でした。OS未インストールのジャンク扱いで出品されていた関係もあり、液晶の解像度の記載はなかったのでした。CTO(Custom To Order)なので、液晶をWQHDにカスタマイズしたと思われます。嬉しさのあまり小躍りしてしまいました(笑)。

純正SSDはSAMSUNG MZNTE256HMHP-000L7、容量は256GBでした。シーケンシャルの読み込みはそれなりに速いですが、シーケンシャルの書き込みは読み込みの半分以下ですね。X1 Carbonは3rd GenからPCIe(NVMe)のSSDにも対応しているので、換装することでスピードアップが図れますし、購入時にSATAかPCIe(NVMe)を選べるようになっていたかと思います。

総じて良い買い物をしたと思います。当初は整備して売りに出そうかと思っていましたが、これはうちの子にすることにします(笑)。里子に出すには勿体ないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA