ABA-DZF4R 使えなくはないけれど…

4月5日に購入したPHILIPS T10 6000K 50lm 12V 0.6W Ultinon LED 11961ULWX2の取り付けを行いました。

みんカラのココココを参考にしてやったら...見事にハマりました(笑)。「前方または後方に押して引き抜く」と書いてある通りにやったら外れない。下手すると力技で壊す勢いです(ぉぃ)。

え?俺そんなに不器用だっけ?(不器用なのは確かだがw)

さすがにおかしいと思い良く観察すると、カーテシランプの前後どちらか一方(爪がある方、左右で位置が逆転します)、ドアの内張りとの間に凹みがあって、そこに内張り剥がしを使って、テコの原理で持ち上げたらスッと外れました。言葉にすると難しいですが...。

運転席側(右)はグレー系の配線2本、 助手席側(左)はピンク系の配線が2本きており、運転席側(右)は黒い線が入っている方がマイナス、助手席側(左)は色が薄い方がマイナスとなっていました。

で、なんとか取り替えたのも束の間、問題が発生。助手席側は問題なく点灯するのに、運転席側が点かない。点いても数秒経つと消える。左右入れ替えても現象は同じなのでLEDの問題ではない。ネットで調べてみるとLEDバルブあるあるらしく、キャンセラー(抵抗)が内蔵されていないと起こる症状らしいです。抵抗値が低いため、球切れと判断されて電流をカットされてしまうと推測します。夜間に確認していませんが、おそらくゴースト(微弱電流にLEDバルブが反応して薄っすらと点灯する現象)も発生することでしょう。

さて、実害はないものの、気持ち悪さが残ります。個人的に明るさは十分なんだけどなぁ。