大掃除サポート!アイロボット ファンプログラムモニター Part.5 #ルンバのある生活 #ルンバ借りてみた

アイロボット ファンプログラムモニターの企画に当選しまして、ルンバ890のモニターに参加しています。

3月に入り返却期限が近づいてきましたので、いつでも返却できるように準備をはじめました。夜に動かすと「うるさい!」って苦情が来そうですから。

ルンバは実際に使ってみて「少々うるさいけれど、短時間でそこそこ綺麗にしてくれるロボット掃除機」だということがわかりました。2ヶ月弱の間、みっちりと使ってみて、ヘルプを出して止まったのは1度だけでした。これは清掃力が高いことが仇となり、ドアと床の隙間を埋めるスポンジの一部分(カットしずぎたので、ビニールテープで貼って繋いでいました)を吸い込んでしまい、ローラーが回らなくなったが原因でした。

止まりはしないものの困った点と言えば、ホームシアターで5.1chを構築している関係で、壁際に リアスピーカーのケーブルを這わせているのですが、これをメチャメチャにされること数回…。Anker RoboVac 10では問題なかっただけに、ルンバの壁際の清掃力の高さが成せる技なのでしょうか。すべての壁をバーチャルウォールで保護するのは現実的ではないので諦めました。

ダストボックスは清掃しようとすると埃が舞いやすいため、後継機種であるルンバe5では水洗いできるように改善されているのは朗報ですね。ルンバのフラグシップモデル i7+なら、ダスト容器のゴミをクリーンべース(自動ゴミ収集機)に自動で排出するということなので、ほぼメンテナンスフリーでしょうねぇ…って、本日3月8日がルンバi7+のデビュー日でした。