Lenovo ThinkPad X1 Carbon 1st Genのキーボードを修理した☆

私はパソコンを使う際に、ショートカットキーとして[Ctrl]+X、[Ctrl]+C、[Ctrl]+Vを多用します。なので、キーボード左側にある[Ctrl]キーが使えないと文章を書くときにストレスが溜まります。

さて、昨年末に購入したLenovo ThinkPad X1 Carbon 1st Genですが、キーボードの左側にあるCtrlキーの調子がいまひとつでした。キーのタッチがおかしく、上記のカット・コピー・ペーストが正常に働かないときがあり、[Ctrl]キーのスイッチがうまく押されていないようです(Ctrlキーと一緒に押した文字が入力されます)。

中古で買ったからなー。キーボード取り替えないと治らないかな。とりあえず破壊覚悟で分解・清掃してみるか…

ということで、Ctrlキーのキートップを外し、溜まっていた埃などを使い古した歯ブラシで除去して、キートップ(キーを支える針金を含む)を付け直したら…

治っちゃいました!(オレってしゅごいw)

こうなるとキートップを全部外して、外したキートップを中性洗剤に漬け置き洗いして、キーボードに溜まった埃などを取り除きたくなるんです(笑)。でも、費用対効果を考えると新しいキーボードを買った方が早いよねぇ。キートップが上手く外れてくれればいいけど、パンタグラフを破壊しちゃうリスクはあるし。そうなるとテンションだだ下がり…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA