久々にやらかしてしまった話

久々にやらかしてしまった話…それはデジタルデバイスやセンサーを過信してはいけないなーと身をもって体験した話です。所詮センサーも機械ですから、誤検知や誤動作があるのは当たり前で、ときには疑ってかからないといけません。最終的に信用すべきは自分の感性・感覚です。

ハンドルが左に取られる、段差を超えたときのショックが大きいことから、山形南アンダーを通過したあたりでパンクしているのでは?と疑念が浮上。交通量が多い道なので、どこか安全に停まれる場所を探します。ガソリンスタンド(富士鉱油株式会社 幸町SS)に駆け込めば良かった…と思っても通過してからでは後の祭り。それよりも運行前点検で目視確認しておけばこんなことにはならなかったんだ…と自責の念に駆られます。とりあえずツルハドラッグ山形鉄砲町店の駐車場へ。

転ばぬ先の杖…だったはずのTPMSは何も知らせてくれず。タイヤの空気圧、温度に変化が無いことから異常を判断すべきなのでしょうが。外に降りて左前輪を見ると、低扁平率タイヤが見事なまでにぺちゃんこです。パンク確定。メガーヌRSにはスペアタイヤはおろか、パンク修理キットは車載していない…が、先日買ったAIR HAWK PROで悪あがきをしてみます。空気圧は0.2BARからスタート、祈る気持ちで空気圧が上がるのを見守ります。傍から見たら変なヲッサンが駐車場で何かやってると思われたに違いありませんが、本人はそんなことを気にしている余裕ゼロです。悪あがきしてダメだったらJAFを頼むしか無かったな。。。

なんとか2.3BARまで上昇したものの、サイドウォールで接地して走っていたのがよくわかるくらいタイヤが傷んでいて(ピンチカットが発生している可能性大)、実家まで自走するのはバーストする可能性があり危険と判断して、ディーラーに駆け込みました。

ディーラーでテクニシャンに診てもらい、タイヤのトレッドに釘(ヘッドに十字が切ってあるのでビスのようです)が刺さっているのを発見してもらいました。パンクの原因はこれかぁ。先週末にどこかで踏んだようです。スローパンクチャーだったので踏んだ時点では気付かなかったのでしょう。今週末にはエアーが抜けてぺちゃんこになっていたと思われます。テクニシャン曰く「サイドウォールが傷んでいるので修理不可でしょう」とのこと。先日の12ヶ月点検でヒビ割れがあることを指摘されていましたし、来シーズンはタイヤを買うつもりでいたので、それは問題ないのですが…。

このままだと走れないので、代車をお借りして実家へスタッドレスタイヤを取りに行き、ディーラーでスタッドレスタイヤに交換してもらうことに。山形中央ICから高速に乗り、寒河江SAスマートICで降りる直前に気が付きました。寒河江SAスマートICはETC専用だから、ETC車載器がない代車では降りられないことに(泣)。高速道路を逆走するドライバーの気持ちが少しだけわかった気がします(ぉぃ)。泣く泣く一つ先の西川ICまで行って降りました。特別転回するよりも、そのまま下道で実家に行っても時間は変わらないだろうという判断です(いまさら料金所でごたごたして時間をロスしたくないという理由もあり)。

実家に着いて、大急ぎでスタッドレスタイヤ4本を代車のトランクルームへ詰め込み、再度高速道路で…という気にならなくて、下道をつかってディーラーまで向かいます。急がば廻れ(今頃?)。日が暮れるのが早くなり、17時を過ぎると辺りは真っ暗になります。ディーラーに着いたのは17時30分を過ぎていたかと思います。スタッドレスタイヤを載せたまま代車を返却して、担当営業氏にお礼を言って、アパートまで意気消沈して帰りましたとさ。担当営業氏は「送りましょうか?」と言ってくれたけど、そこまで甘えちゃダメだと思って。
ホイールや足回りにダメージが無いと良いなぁ…(´・ω・`)ショボーン