CTEK MXS5.0JPを使いバッテリーを充電しました☆Part.2

前回はNOCO Genius Battery charger G7200を使いバッテリーを充電しましたが…

実績からもCTEKの優位性は変わらず…といったところかな

ということで、今回はCTEK MXS5.0JPを使ってメガーヌRSのバッテリーを充電することにしました。


所要時間は9:00~12:30の約3.5時間くらいです。初回が7時間ほど掛かりましたから、その半分ですね。
バッテリーテストの結果は以下の通り。

充電日SOHSOCR=診断結果
2017/07/17100% 560CCA38% 12.23V5.33mΩ 560CCA要充電
2017/08/05100% 710CCA98% 13.08V4.21mΩ 560CCAバッテリー良好
2017/09/03100% 650CCA97% 12.70V記録失念バッテリー良好
2017/10/15100% 640CCA38% 12.23V4.66mΩ 560CCA要充電
2017/10/15100% 645CCA98% 12.85V4.65mΩ 560CCAバッテリー良好

【考察】

  • CTEKを使っても初回充電時ほどの回復力はなく。寒くなってきたからでしょうか?(ちなみに今日の外気温は15度前後)
  • 充電中の本体はそれほど熱くなりませんでした。直射日光はほとんどなく、外気温も肌寒いくらいでした。
  • SOHのCCAの値が下がり、R=の抵抗値の値が上がってきているのが気になります。緩やかに劣化が始まっているのか?
  • NOCO Genius Battery charger G7200を使って充電しても結果は似たような状況だったかも?

バッテリーを丸5年使うつもりでおりましたが、薄っすらと黄色信号が点滅している感じです。SOHが100%を下回るようだと、そろそろ交換を考える時期になるのでしょうね。世の中思い通りに行かないことだらけです。