そのやり方は好きじゃない!

9月にアパートの大家さんが契約しているプロパンガスの業者を変更したらしく、新しい業者から電話を掛けてよこせ的な1枚の紙がポストに投函されておりました。こちとら忙しいんじゃー!と無視してましたら…

連絡してこないと一時的にガスの供給を止めるよ?

そんな紙っ切れが1枚、請求書に同封されて送られてきました(実際は直接ポストに投函した模様)。

既にガスは開通したままで使えているし、そんなのは「弊社との新しい契約が必要なので、契約書をポストに投函しておくから、必要事項を記入して押印して、返信用封筒に入れて送ってね」ってした方が簡単で良いと思うのに…。(この方がお互いにWin-Winじゃないか?)

ガスを止められちゃあ困る(この際、IHに変更してもいいと思っているが)から電話したら「契約のために訪問するから平日日中帯で時間の都合の良い時間を教えてくれ」と言われる。やり方が激しく時代遅れのように感じるし、前述の通りガスは開通しているのだから、わざわざ人を派遣して契約する必要ある?プロパンガスの契約は対面契約が必須なんですかねぇ?それも支払い方法が銀行口座からの引き落としのみですって?クレジットカードも使えないんかぁ…。

今住んでいるアパート、不動産管理会社の高圧的な態度や駐車場の区画(バックで進入しなきゃならない不便な位置なのに料金の差なし)、水道料金の請求についても腑に落ちないところがあるので、転職先が決まって給料が上がったらアパートも引っ越そうと考えています。