Lenovo IdeaCentre K330(Windows10)のコールドスタート時にネットワークアダプターを誤認識する不具合

会社で使用しているPC(Lenovo IdeaCentre K330)をWindows7からWindows10へのアップグレードに成功したものの、メーカーが公開しているWindows10の動作確認機種リストに載ってないだけのことはあり、不具合がありました。

正常ならば”Intel(R) 82579V Gigabit Network Connection”と認識すべきところを、”Intel(R) 82579LM Gigabit Network Connection”と誤認識してしまい、ネットワークアダプターが機能しないので、インターネットにも繋がらなくなるという不具合です。

対処方法は[コンピューターの管理]-[システムツール]-[デバイスマネージャー]を選択し、メニューバーより[操作(A)]→[ハードウェア変更のスキャン(A)]を実行することで一時的に解消します。一時的にと書いたのは、電源を切ってから起動(コールドスタート)すると症状が再発するためです。営業終了で電源を切って帰れば、翌営業日の朝に必ず症状が出ますから、対症療法にしかならないということです。げんなり。

トラブル体験記:初回起動時だけインターネットに接続できない:Windows 10 – MB-Support パソコン初心者のサポートページ

何か有益な情報が無いか?検索したところ、上記サイトにたどり着くことが出来、根本的な解決をすることができました。

Windows8: 82579V を 82579LMと誤認して起動時に見当たらない。 | hanada.net

さらに調べてみるとWindows10固有の問題ではなく、Windows8の時点で問題が確認されていたようです。まぁ、Windows10のベースはWindows8ですからごもっともな話です。

修正プログラムをダウンロードして、管理者モードでDOS窓を起動し、ダウンロードした修正プログラムを実行するだけです。NVMという表示が出ているので、推測するにネットワークアダプターのファームウェアを書き換えているようです。

早速電源を切ってから起動(コールドスタート)したら、問題の症状は解消しておりました。これで朝からモヤモヤせずに済みます(笑)。