金山杉コースター

最近テレビを殆ど見ないのでわからないのですが、なんでも金山杉で作られたコースターがテレビで取り上げられたらしいです(最近?結構前?それすらわからない自分w)。そんなテレビの影響を受けやすい人の付き添いで金山町へコースターを買いに出掛けました(笑)。

買ってきたのは、コースターよりも一回り大きい敷台です。金山杉の端材をつなぎ合わせて作った敷台で、蜜蝋で仕上げてあるとのこと。手触りが良く、角は面取りがしてあって、手間暇掛かっています。サイズは100mm×100mmで、価格は製造元直販で300円!!…と激安です。

お店の方とお話をさせていただいて、金山杉のアタッシュケースやまな板、ベンチ、洗面ボウルを見せていただきました。アタッシュケースは値段が怖くて聞けなかったけど、職人さんがつくる逸品物って好きなんですよね。佳生のいつかきた道ぶ~らぶらの情報によれば、アタッシュケースは3万円で納期は半年待ちだとか。。。アタッシュケースは見た目よりも軽かったし、何よりも持ち手の部分が檜で作られているとのことで、可動式になっているけれども、工作精度が良くグラグラしないという。。。

だ・け・ど!変態心にグラグラきますわ~(笑)