フレッツ回線シュミレーター

先日ヤフオクで落札したCentreCOM 8624XLが届きました。
電源を入れてみると・・・ファンから若干異音が聞こえますが(汗)、とりあえず動作に問題はないようです。


タイミング良く2月中に納品するものがきたので、早速VLANを組んで動作検証してみて、バッチリ動くことを確認できました。
たぶん動くはずなんだけど・・・・と現場に持っていくよりも、事前検証で間違いなく動いたことを確認したのでは安心感が違います。
先月の工事で某所から「フレッツ回線シュミレーター(PPPoEサーバ)」を借りていたのですが、それがCentreCOM 8624XLで出来ていたので、同じものができるはずと思い早速試してみました。
PPPoEサーバ機能は実装されているのですが、メーカーのサポート外になっています。
何か問題あっても責任は一切持たないし、問い合わせにも応じないってことなんでしょう。
アライドテレシス(L3SW)で、PPPOE対向の設定 – 教えて!gooを参考にしてみましたが、うまくいきません(–;
海外サイトを検索して見つけたサイトを参考にしたら簡単に出来ました。


Configの例

add [email protected] pass=user01 login=no
set [email protected] telnet=no ipaddr=10.0.10.1 netmask=255.255.255.255
add [email protected] pass=user02 login=no
set [email protected] telnet=no ipaddr=10.0.10.2 netmask=255.255.255.255
create ppp template=1
set ppp template=1 bap=off authentication=chap
add ppp acservice=fga template=1 vlan=1 maxsession=20
ena ppp accessconcentrator
enable ip
add ip int=vlan1 ip=10.0.0.1
set ip loc ip=10.0.0.1

ユーザ登録やセッション数の調整は適宜行ってください。

前の記事

ダブルチーズ

次の記事

KNKスタミナ源たれ