HP Compaq 6535s Windows XP to Vista Upgrade

20140123_173650 20140123_173720
私が会社で(ほぼ自分専用として)使っているHP Compaq 6535s/CTの OS を Windows XP Professional SP3 から Windows Vista Business SP2 へ Upgrade しました。
Upgradeと書きましたが、念の為に元のHDD(250GB)は中身をそのままにしておきたかったので、HP Pavilion dv6200に元々付いていて別のHDDに換装して余った120GBのHDD(FUJITSU MHV2120BH)を家から持ってきて換装、HP Compaq 6535sに添付の Windows Vista Business SP1 を新規インストールする手法を取りました。

作業には昨日と今日の丸二日掛かりましたが、その大半はWindows Updateに費やされたといっても過言ではありません。
適用した更新プログラム、その数なんと100本以上!! OSがリリースされて時間が経つほど更新プログラムの数も多くなります。
特にMicrosoft .NET Frameworkの更新プログラムの多いこと多いこと。
ファイルサイズが大きいのでダウンロードにもインストールにも時間が掛かります。
こんな脆弱性だらけのクソ(Microsoft .NET Framework)しか作れないとは…頭の良いヤツばかりのマイクロソフトも案外大したことない(ry

Windows Vista Business SP1 のインストールは何も問題なく完了します。
添付メディアでのインストールはライセンス認証の必要がありません。
インストールが完了してデバイスマネージャを見ると!印のついたデバイス、不明なデバイスがあるのはお約束というものです。
これを解消すために日本HPのサイトから以下に挙げたVista用のデバイスドライバー(またはプログラム)をインストールします。

ドライバー名 バージョン ファイル名 サイズ
Microsoft Windows Vista用ADI SoundMAX AD1984Aオーディオドライバー 6.10.1.5880; 6.10.2.5880 (3 11 2009) sp46003.exe 15 MB
HP Quick Launch Buttons 6.50.12.1 (9 12 2009) sp46731.exe 25 MB
Synaptics TouchPad ドライバー 13.2.6.2 (25 8 2009) sp44921.exe 28 MB
Microsoft Windows Vista用ATIビデオドライバーとコントロールパネル 8.513.1.3-080910A-069671C (15 10 2008) sp41385.exe 109 MB
SCR33x USB Smart Card Reader Driver 4.45.0.0 (22 10 2009) sp45342.exe 1.8 MB
Marvell Yukon Gigabit Ethernet Controller Driver 10.70.5.3 (11 8 2009) sp44780.exe 3.8 MB
High-Definition Audio (HDA) Modem Installer and Driver for Microsoft Windows Vista 1.00 A (25 6 2008) sp39689.exe 13 MB

ここまでインストールしても不明なデバイスは1つだけ残ります。
Windows ACPI-Compliant System というデバイスなのですが、これは個別にドライバーをインストールしなくともWindows Updateを適用していくと自然と解消されます(どのタイミングかは不明)。

残る作業は SP1 から SP2 へのバージョンアップと更新プログラムのインストールです。
Windows Updateで更新プログラムをインストールしているとSP2のバージョンアップまでなかなか辿りつけないので、サービスパックそのものを直接ダウンロードしてインストールします。

Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2 (5 言語用スタンドアロン版) (KB948465)

バージョン: 948465
ファイル名: Windows6.0-KB948465-X86.exe
サイズ: 348.3 MB

ダウンロードした Windows6.0-KB948465-X86.exe を実行すると自動でSP2がインストールされ、インストール完了後は再起動されます。
再起動後は残った更新プログラムを延々とインストール(場合によっては再起動も)するだけです。

物理メモリは余っていた PC2-4200 S.O.DIMM 512MB を増設して1.5GBとしましたが、グラフィックで使われるのが200MB程あり、OSで使用可能なのは1.2GB強といったところです。物理メモリの消費が900MB前後あるので、512MB増設していなければ厳しいところでした。
体感速度は残念ながら先日Windows7化を完了させたSONY VAIO VGN-FJ11B/Wには一歩及びません。
メモリが2GBなのとストレージをSSD化したのが大きく効いているようです。

Windows Vistaの延長サポート終了日は2017年4月11日ですので、あと3年は使えます。
HP Compaq 6535s/CTにはWindows7用のデバイスドライバーも用意されていますが、さすがに2017年4月以降は別のパソコンを用意していただきたいものです。