フランス料理を”つや姫なんどでも”で楽しむ会

昨日の夜は BISTRO Le Parc さんで『フランス料理を"つや姫なんどでも"で楽しむ会』がありました。
Facebookの友達から招待されており、事前に申し込みを済ませていましたので参加してきました。


お店は貸し切り。開始時間の30分前に行ったら一番乗りでした。



"つや姫なんどでも"のチラシ。今回の主役はフランス料理ではなく日本酒なのです。


フランス料理のメニューです。フルコース?


前菜 人参ムース 桜ます 紅ズワイ蟹のキッシュ
紅ズワイ蟹のキッシュが美味いっ!


前菜にあわせたのは「つや姫なんどでも ゆきびえ(5度前後)」でした。
水のように癖が少なく、日本酒独特の鼻から抜ける香りが少ないので、日本酒が苦手な人にも飲みやすいでしょう。


お魚料理 スズキのつや姫なんどでも蒸しクリームソース
美味い魚料理を食べたのは久しぶりな気がする。
これにあわせたのは「つや姫なんどでも ぬるかん(40度前後)」でした。
熱を加えることで香りが出てきますし、酔いが回るようになります。


お肉料理 庄内もち豚香草パン粉焼き 新玉葱のロースト添え
庄内もち豚香草パン粉焼きは今日のベストヒット。メチャクチャまいう~☆
豚肉の濃厚な香りが口の中いっぱいに広がり、御飯が欲しくなります。
これにあわせたのは「つや姫なんどでも とびきりかん(55度前後)」のはずでしたが、ぬるくなってました。


つや姫なんどでもを使ったシフォンケーキですが、酒の香りはあまりしません。
酔いが回っているときには冷たいアイスクリームはありがたいですね。


メニューにはなかったコーヒー。

会費は3,000円とリーズナブルで料理にも満足できました。
ただ、会の運営は不慣れな点が多く見られ、ちょっと...と思う点もありました。
私の居たテーブル席は4人掛けで一番奥にあり、なにか隔離されたような感じでした(テーブルを立って移動しないと他の人と交流しにくい)。
後ろを人が通ることは無く、落ち着いて料理とお酒を楽しめたので、それは良しとしましょうか。

会の後は同じテーブルで意気投合した男性2人と本町金六さんで二次会へ。
会社の近くにこんな粋なお店があったなんて、10年経って初めて知りました。
ここでは一般販売されていない日本酒「純米大吟醸 初想(はつおもい)」を冷でいただきました。
つや姫なんどでもの兄貴分というか、売ることを目的とせず、コストを惜しまず作ったこだわりの酒なんだそうです。
香りはつや姫なんどでもよりも強くやや辛口のため、お酒好きな方のための日本酒といった印象です。
飲んだ翌日は二日酔いすることなくスッキリとしてまして、良いお酒というのは悪酔いしないものなんですね。