コードレス高圧洗浄機の購入で悩んでいます…

愛車の洗車専用にコードレス高圧洗浄機の購入で悩んでいます。実家の離れにある駐車場で洗車するとして、最初は50m程度のホースリールを購入しようかと思いましたが、ホースの延伸と巻取りを考えた瞬間!購買意欲がヘナヘナと萎えました(笑)。

とりあえずコードレス高圧洗浄機の候補は以下の4機種に絞りました。

簡単な製品比較表を作ってみました。メリット・デメリットは自分目線です。

メリットデメリット
ケルヒャーコードレス高圧洗浄機としては価格が安価
稼働時間はそこそこ?(15分)
サイズがコンパクト
水圧が弱い(0.5MPa)
給水タンク容量が少ない(4L)
自動車の洗車には力不足
アイリスオーヤマコードレス高圧洗浄機としては強い水圧(3.0MPa)
使わないときはコンパクトに収納出来る
稼働時間が短い(10分)
給水タンクに蓋が無いので移動する際に水が溢れる
スペックの割に高価
サンコー給水タンク容量が35L、駆動時間が30~40分、水圧が6.0MPaというクラス最高スペック
何と言っても価格が安いの一言に尽きる
カタログスペックに偽りあり(水圧が6.0MPaも出ない)
水漏れなど不具合が多すぎる
日立工機稼働時間が長い(約40~215分)
水圧がそこそこ出る&調整可(0.5MPa~2.0MPa)
約30分で高速充電可能なバッテリー
価格が高すぎる

この中からだと…サンコーは安物買いの銭失いになること必然のため、日立工機 18V コードレス高圧洗浄機 充電式 6.0Ahリチウムイオン電池、急速充電器付 AW18DBL(LYP)しか選択しようがないという現実(苦笑)。同じメーカー同士であれば、他のコードレス電動工具(ブロワーなど)にバッテリーの流用が利くという点も大きいですね。

最大の問題は実家の離れにある駐車場で洗車する場合

近隣の田んぼにシャンプーなどの排水が流れていくと苦情が来るよねぇ…

というところで踏みとどまっています。まぁ、近隣の田んぼは実家の田んぼだけど(笑)。

コードレス高圧洗浄機の購入に掛かる費用を60,000円として、ガソリンスタンドの手洗い洗車(1回2,000円)を30回以上利用すれば元が取れる計算だけど、それならガソリンスタンドの手洗い洗車を利用した方が楽して綺麗になるよなぁ…と思ったりする(本末転倒)。