ABA-DZF4R PEAエンジンコンディショナー投入

昨年の秋に購入したFTC PEAエンジンコンディショナーをようやく投入しました。メガーヌRSのオーナーならわかると思うのですが、給油口が特殊なので、そのまま添加剤を入れようとするとオーバーフローすること多々あり…(汗)。ちょっと思案して、添加剤専用にしてあるオイルジョッキに移し替えて注ぐことにしました。

そのままPEAエンジンコンディショナーだけ入れるのは芸が無いので、給油口からオーバーフローさせることの多い(粘度があるので仕方がない)Lubross TOPLUBE1000を混ぜて入れることにしました。片方は液体、片方は油ですが、混ぜて大丈夫とは言い切れませんので真似する人は自己責任で。そしてオーバーフローさせることなく燃料タンクへの投入に成功!

メガーヌRSに乗り換えてまもなく丸2年、走行距離は6,600kmを越えたし、今春にはエンジンオイルの交換を予定しているので、このタイミングで入れるのが良いんじゃないのかな…なんて勝手に思っています。エンジン不調になってから入れると効果がわかりやすいのでしょうが、そうならないように予防保全する方が精神的・経済的にも好ましいんじゃないですかね?

人間の身体でも、何処かに不調をきたすと、そこを庇って別の場所が不調になるじゃないですか?右膝が悪いので庇っていたら、左膝を悪くした…とかね。自動車でもO2センサーが壊れているのに、構わずに走行を続けていたら高価な触媒をダメにしたとか聞きますし、如何に健康体であることが大事なことか…( ==)トオイメ