炊飯器の蓋が勝手に開いていた…

昨日の夕方、お米を研いで炊飯器のタイマーをセットしてスポーツジムに出掛けました。
帰ってくる頃には炊きあがっている手筈でしたが、帰ってみると炊飯器の蓋が開いていました。
43年生きてきて、初めての経験で、「うーん、こんなことあるの?」と思ったものの、ググッてみると珍しいことではないようです。
なんらかの理由(パッキン不良や目詰り)で蒸気が排出されないと、圧力で蓋が開くようになっているみたいです。

出来上がったご飯は芯が残っている所謂「めっこご飯」(方言のようです)で、そのまま食べるにはかたいので「捨てて炊き直そうかな?」と一瞬思いましたが、勿体無いのでレトルトのカレーライスをかけて食べました。消化不良で胃もたれの原因に…(汗)

今朝、炊飯器の隅々まで掃除して、再度タイマーをセットしました。再発しないことを祈るばかりです。