健康診断2015

職場の健康診断が無事終了しました。
40歳以上は毎年胃部レントゲン撮影があり、バリウムを飲むことも撮影台の上でクルクル回ることもストレスしか感じません。
まぁ、内視鏡を飲まされるよりはマシですけどもね。

例年は3日間に分けて行っていた健康診断も今年は1日に集約したようです。
そこには「経費節減」という漢字がそこはかとなく(プンプン?)臭うわけです。
社員の健康維持にお金をケチる企業の行く末を案じざるを得ません。
企業だけではなく、日本という国の行く末も…ですが。

前の記事

TIPO 2015 NOVEMBER #317