ルノー・ルーテシアIV R.S. シャシー・カップ試乗

20140906_135957 20140906_140005 20140906_140016 20140906_140022
ルノー山形にルーテシアR.S.の試乗車が用意できたので試乗してきました。

…というのは半分は嘘で、山形にルーテシアR.S.の試乗車があるのは知らなかったのです。
前にWebで調べたときには1.2Lのインテンスくらいしか無かったから、ずっと置かないと思ってた。
大変嬉しい誤算(笑)

この類のクルマは踏めば速いのは当たり前なので、動力性能は見ていません。
試乗では普段の街乗りでの扱いやすさを見るようにしています。
それで試乗した感想はというと…

  • シートのフィット感:GOOD
  • ハンドリング:GOOD
  • 乗り心地:VERY GOOD

特筆すべきはその乗り心地の良さでしょう。
試乗車はシャシー・カップというシャシー・スポールよりもハードな仕様なんだけど、全然固くないのです。
その要因はHCC(ハイドロリック コンプレッション コントロール)というラリーカーからのフィードバックにあるらしいのです。
気持よくコーナリングできるのに、乗り心地が良いという相反する性能。これは運転していて楽しいだろうなぁ。
6速EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)は2ペダルMTなので、AT限定免許でも運転できます。
Dレンジに入れてブレーキペダルをリリースするとクリープで前進…するのに3秒程度タイムラグがある。
ルノー初のデュアルクラッチですが、後発ということもあり、ちょい乗り程度では不満を感じませんでした。
4枚ドアだし、2ペダルMTだし、家族と共有するに敷居が低い(VW GOLFなんかは元々そうだけども)。
インチダウンはブレーキキャリパーとローターのサイズから17インチが限界。
スタッドレスタイヤで205/45R17のサイズは選択肢が少なく、経済的負担は結構キツイ。
でもスタッドレスタイヤは雪国の必需品だからね。

ルノーのネック…
それは内装に色気が無さ過ぎること、ディーラーがやる気無いこと(苦笑)。
なんとかならないかな?

次の記事

面会交流(33回目)