Microsoft Windows 7 Home Premium アップグレード版 Service Pack 1 適用済み

20140114_232335 20140114_232408
今更ですが『Microsoft Windows 7 Home Premium アップグレード版 Service Pack 1 適用済み』のパッケージ版を購入しました。
その目的は弟の形見のノートPC SONY VAIO VGN-FJ11B/Wを延命するためです。

本来ならばMicrosoft Windows 8.1を入れるべきだし、Windows7よりもWindows8.1の方が安く買えるので何も高い金を出してWindows7を買う理由が無いように思えます。
そのWindows7を買う理由、つまりはWindows8.1ではダメな理由…それはWindows8.1用のディスプレイドライバーが無い事。
Windows8.1をインストールするにはシステム要件を満たす必要があるのですが、そもそも古いPCはその要件をクリアすることが自体が厳しいのです。
前述のVAIOにはWindows8.1のインストールはなんとか出来そうですが、チップセット内蔵グラフィックスのIntel GMA900のWDDMドライバーの提供はされないので、標準VGAの256色で使うことになりそう=使い物にならないのです。

ちなみに『Windows 8.1 のパッケージ製品発売に伴い、2013年10月末をもって弊社からの Windows 7 のパッケージ製品の出荷を終了します。』とWindows 7 のパッケージ製品販売終了についてマイクロソフトが公式にアナウンスしているので、Windows 7 のパッケージ製品はいつまでも買える保証はありません。
Windows 7 のパッケージ製品が必要な方は早めに買っておいた方が良いです。