Philips product authenticity

大手有名メーカーの宿命といってよいのかわかりませんが、常にコピー商品や偽造品との闘いがあります。Philipsも例に漏れず、偽造品が流通しているそうです。

Philisの場合はWelcome to Philips product authenticityというサイト(注意: 初アクセスの際はCookieの許可を求めるダイアログが表示され、許可しないと何も出来ません。GDPR対策かな…)で、自分が買ったものが正規品なのか偽造品なのかをチェックできるようになっているのですが….。

Security Code、label ID、6文字のCAPTCHAを入力しても、何度もSecurity CodeとCAPTCHAの再入力を求められる有様で…

iPadで入力すると文字が2重に入力される不具合もあり…。現在Philipsに問い合わせ中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA