OBD Auto DoctorからiLC OBD2 Wireless Car Code Reader Scan Toolを使う

メガーヌ3 RSでiLC OBD2 Wireless Car Code Reader Scan Toolが使えるか?チェックしてみました。

チェックツールとしてiPadにOBD Auto Doctorをインストールして使いました。

「WiFi_OBDII」というアクセスポイントが見えるので接続します。パスワード(パスフレーズ)は何も聞かれませんでした。これだとセキュリティに難ありじゃないか…。

IPアドレスなどの情報は自動で割り当てられたので、手動で変更する必要はありません。

iPadにインストールしたAuto Doctorを起動します。

起動直後は未接続状態です。右上にあるクリップの形をしたボタンをタップすると接続を開始します。

接続中です。初期設定ではIPアドレスが192.168.0.10、ポート番号が35000に接続するようになっています。これはWiFi OBD2アダプターのデフォルト設定(ほぼ決め打ち)になっているようですが、製品によっては異なる可能性があり、その場合はAuto Doctor側で設定を変更する必要があります。ちなみにDDT4ALLもWiFi接続の場合はデフォルトで上記設定と同じになっています。

接続に成功すると、吸入吸気温度や水温、エンジン回転数に走行速度が表示されます。使い勝手はともかく、とりあえず動作するということが確認できました。ワイヤレスで動作するのでケーブル接続(Windows OSやMac OSにインストールするUSBシリアルドライバー)の煩わしさはないですが、セキュリティ面を考慮すると、使う場所は限られると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA