週末は久々の休日出勤&宿泊あり出張でした☆

12月に続き、2月も休日出勤&宿泊あり出張でした。今回も納品物を運搬する関係で、出来れば使いたくない社用車で移動しましたが、軽自動車(ミニカ・バン)で片道160kmの移動は半端なく疲れます。早めのランチは道の駅おばなざわのねまるにて、板そば(720円)をいただきました。ちょっと物足りないけど、値段が値段なので仕方ないです。そば粉って結構高価ですから。

さて、今回のミッションはセキュリティアプライアンス(所謂ファイアーウォール)のリプレイスです。今まではJuniper SRXシリーズ(1st Gen)をお使いでしたが、導入から5年が経過しまして、「不意に電源が落ちても壊れないものを」というご要望があり、Cisco ASA5500-Xシリーズを納めさせていただきました。JuniperはNetscreenシリーズ、SSGシリーズまではScreenOSという「不意に電源が落ちても壊れない」仕様だったのですが、SRXシリーズからはJUNOSというFreeBSDというUNIX系ベースのものに変わり、そのせいで電源を切る手続きをしないで電源が落ちると「高確率でOSのファイルシステムが壊れて起動しなくなる」という有り難くない仕様になりました。しかもFreeBSDというUNIX系ベースのくせにUPSと連動しないという。

コラム – Inst. Tech View | 第46回 SRXのOS破損対策について|CTC教育サービス 研修/トレーニング


Cisco ASA5500-Xシリーズは、お高価なプライシングではありますが、「不意に電源が落ちても壊れない」ので安心して運用できます。ネットワーク業界標準と言っても過言ではないくらいConfiguration出来るエンジニアが多いのもCisco製品を使うメリットでしょう。

予定よりも順調にミッションが進み、1時間半ほど早く終了しまして、宿にも早くチェックインすることが出来ました。まだ明るいですわ(笑)。

一番の楽しみは豪華な夕食です。納品前にpacket-tracerコマンドや疑似環境を構築しての試験を行ってはいるものの、現地での実環境試験をクリアするまでは安心できないので、心にもやもやが残ってスッキリしない状態でしたが、無事終わって肩の荷が下りました。残るは地味なドキュメント作成の作業です。