映画『OVER DRIVE』

昨夜はレイトショーで映画『OVER DRIVE』を観てきました。

映画を観た感想は一言で表すと「よくあるヒューマンドラマ」だな…と。その物語の舞台はラリーというモータースポーツで日本国内ではあまり馴染みが無いもの。物語の後半にはムネアツな演出がありますが、あっさりと終わります(笑)。そこは普通のレースと違ってラリーですから、リアルタイムで抜きつ抜かれつという演出は出来ず、トータルタイムで勝った負けたというのは見せづらい。

個人的にはスポーツマネージメント会社の演出は無い方が良いと思いました。理由?遠藤ひかる役のキャストの芝居の出来があんまりよくないですね。なんか変なんの出てきたという印象が拭えなかったです。例えるなら坂下千里子みたいな鼻につく感じ。スポンサーに電通が入っているので、そこはどうしても外せなかったのでしょうが(笑)。