秘密兵器とは…

今日はABA-DZF4R Car Wash No.076で投入した秘密兵器の話です。このブログを読んでいる常連な人であれば、大体察しはついているものかと思います。

ゴゴゴゴゴゴゴ…

じゃ~ん!20Lの水タンク!コックが付いていて便利です。

いやいや、これだったらすごくガッカリですよね(笑)

ゴゴゴゴゴゴゴ…

はい!ヤフオクで落札した日立工機のコードレス高圧洗浄機です。いままでヤフオクに出ていなかったものが、メーカー長期欠品となると出てくる不思議(笑)。ショップ出品の新品で、当初の有り余らない予算をクリアしたのでポチっと落札しました。個人出品だったら買っていなかったでしょう。

箱に記載されている商品の型番はAW18DBL(NN)という18V仕様の急速充電器・Li-ion電池別売のモデルですが…

急速充電器(UC18YDL)Li-ion電池(BSL1860)が同梱されて送られてきましたので、実質AW18DBL(LYP)です。

急速充電器(UC18YDL)の定価は17,000円、Li-ion電池(BSL1860)の定価は24,500円もするそうで、両方合わせて30,000円を越えるという…(何故これほど高価なのか、それはまた後日の話でw)。

付属品を取り出してようやく洗浄機本体とご対面です。高価なだけあって質感はしっかりとしています。造りがおもちゃっぽくないです(笑)。

洗浄ガンと高圧ケーブルを接続するとこんな感じです。気持ち高圧ケーブルの長さが短い(足りない)ような気がしますが、本体を移動すれば良いのでこんなものでしょう。

電源スイッチと圧力調整ダイアルです。圧力は1から5までの間で連続可変させることが可能です。圧力3で洗浄ノズルがストレートだと結構な強さを感じました。水の出方は「ダーーーーー!」と連続射出ではなく「ダ!ダ!ダ!ダ!ダ!ダ!」とパルスを打つような感じです。発生する騒音は思っていたほど大きくはないですね。

Li-ion電池挿入口です。Li-ion電池の脱着は容易なように設計されています。互換品(サードパーティ製)は精度が悪いと使えないかもしれません。


実際に使ってみた感想は賃貸での洗車 | トヨタ ハリアー by てんぷらくん – みんカラの評価に近いです。過剰に期待し過ぎていたのかもしれませんが、洗浄ノズルが拡散(圧力調整ダイアルは3)にした状態で、シャンプーの洗い流し(濯ぎ)をするのが思いの外しんどいです。水量ですが、タンク1回分(8L)では全然足りませんでした。今回のために購入した給水タンク(20L)も合わせて使い切るくらいで丁度かなぁ?

シャンプーの洗い流し(濯ぎ)をするならサンコー タンク式充電どこでも高圧洗浄機の方が向いているのかもしれないです。水圧はAW18DBLには逆立ちしても敵いませんが、同じ時間で吐出する水量は勝っているように思えます。コードレスの洗浄機でシャンプーを使うのは必要最低限に留めておいた方が良いのかもしれません(シャンプーを使う目的には汚れを落とす他に傷防止がありますが、傷防止を諦めて汚れを落とすことに限定するなど)。