NOCO Genius Battery charger G7200 バッテリー充電テスト

先週のNOCO Genius Battery charger G3500 バッテリー充電テストの結果は…

前々回充電前:SOH 100% 830, SOC 98% 12.85V, R= 3.30mΩ 760A
前回充電前 :SOH 100% 840, SOC 98% 12.96V, R= 3.28mΩ 760A
前回充電後 :SOH 100% 825, SOC 98% 13.29V, R= 3.33mΩ 760A
今回充電前 :SOH 100% 820, SOC 98% 12.94V, R= 3.36mΩ 760A

SOHのCCAが5減少、SOC電圧が0.35V減少、抵抗値が0.03mΩ増加、と順調に劣化中(ダメぢゃん)。充放電を繰り返せば劣化するのは致し方なし。ただし、計測している外気温(室温)が同一条件ではないので、数値は参考程度ですね。外気温が低いほど、バッテリーが本来持っている性能を発揮し難くなります。寒冷下だけでなく高温下においても然り。冬にバッテリーのサドンデスが起きやすいのはそのためです。

バッテリーがほぼ満充電状態のため、5分経たずに充電終了(トリクル充電へ移行)。正直言ってテストにならない罠(笑)。そんな訳でもう1個、中古のAGMバッテリーが欲しいなぁ。