実家で冬支度2017

実家の石油ファンヒーター(シャープ OK-S32SR)の準備をしました。屋内でやると臭いから外に出してクリーニングモードを実行(1時間後に勝手に終わります)。クリーニングモードを実行させる前に、エアーコンプレッサーを出してきて、エアーガンで内部のホコリをふっ飛ばしてやりました。風の通り道にあったホコリはちょっとだけ減少した模様(はっきり言うとあまり変わらないw)。2005年製造なので単純に計算して12年(歳)…オーバーホールに出せるなら出した方が良いお年頃ではあるが、オーバーホールに出す料金で新しいファンヒーターが買えそうなのよね。

その後は新しい灯油を入れて、温度設定MAX(30度)での試験運転。爆発するんじゃないか?とヒヤヒヤしながら見守っていたけど大丈夫そう(笑)。