VW Tiguan

今日は午後からDUOへ行き、Tiguanを試乗してきました。
聞くところによると、デビューしたばかりの先週は試乗で賑わっていたらしい。
乗ってみた感想は…

  • 室内は大変静かで、エンジン音よりもロードノイズが大きいと感じるくらい
  • 乗り心地が良い、足が動いてショックを吸収している感じ
  • ブレーキが初期制動からがっちり効く、まぁ車重を考えれば当然か
  • 室内、特に後部座席が思っていたよりも広い
  • ハンドルが軽るすぎる感があり、なんか国産車っぽい
  • 2Lターボエンジンの割りに出足はもっさり
  • ブレーキで減速、アクセルで再加速でもたつく
  • 標準でリアビューカメラ&パーキングアシストがついている

VWの4WD SUVが360諭吉で、と考えると良く出来ています。
GOLF V GTI(DSG)とほぼ同じ価格ですからねぇ。

Tiguanの後に蒼獅子君に乗ると薄っぺらく感じます。
逆を言えばTiguanには重厚感があります。
それでもTiguanに心ときめくものは感じませんでした。
自分はドイツ車のまじめさと合わないのかなぁ?なんて思ってみたりします。

前の記事

いのちの重さ

次の記事

DRBD + LVM: online resize