ABA-DZF4R vs E-BG5?

今日、実家へ帰省する途中...


という出来事があって...

型式 ABA-DZF4R E-BG5
車名 ルノー メガーヌ RS スバル レガシィ ツーリングワゴンGT
エンジン型式 F4R EJ20
エンジンタイプ 直列4気筒DOHC16バルブターボ 水平対向4気筒DOHC16バルブツインターボ
総排気量 (cc) 1,998 1,994
最高出力 (ps)/rpm 265/5,500 260/6,500
最大トルク (kgm)/rpm 36.7/3,000 32.5/5,000
使用燃料/燃料タンク容量 (L) 無鉛プレミアム/60 無鉛プレミアム/60
駆動方式 FF フルタイム4WD
車両重量(kg) 1,430 1,430


とつぶやいた(笑)

FFと4WD、クーペとワゴン...単純に比較は出来ないけれども、昔から日本車は高性能だった。
第2世代となるレガシィ・ツーリングワゴンGT(E-BG5)はスペック上では現行型メガーヌRS(ABA-DZF4R)と比較してもさほど見劣りしない(この頃はまだ低速トルクが細かったけれども)。モデル末期のGT-Bに至っては日本国内自主規制枠上限の280馬力に到達している訳だし。スバルもとうとうここまで来た...とCMを見て思った記憶がある。
でも、スペックはあくまでもスペック。実際に走らせると違う。レガシィに瞬間的な速さはあっても、継続的に速く走らせることは困難だ。速く走らせれば水温も油温もあっという間に上昇してクールダウンを余儀なくされる。それを無視して無理をすればエンジンブローという悲劇が待っている。

結局、何を言いたいのか?それは「メガーヌRSに対抗意識を燃やして張り合うのは止めて欲しい」ということなんだ(笑)
それは前述のレガシィに限った話ではなく、インプレッサやランエボ、国産車・輸入者問わず、その他の多くの車種も含めて。
自己満足は得られるかもしれないが、公道で張り合うことに何の意味もない。
「クルマは速いはずなのに、ドライバーがしょぼい」...ああ、その通りだ。
つまらないことで免許証や愛車を失いたくない、ただそれだけなのだ。