コストコGSで給油にチャレンジ!

コストコかみのやま倉庫店のオープンまで残り5日となりました。
オープン後の週末は周辺近隣が大混雑することが予想され、併設のガソリンスタンド(以下はGSに省略)に近づくこともままならないと思いましたので、今日の朝一番に行ってきました。

多くのGSは幹線道路沿いにあり、また幹線道路に直接の出入口を設けていますが、コストコGSは幹線道路に直接接しておらず、脇道側に一方通行の入口・出口が設けてありました。渋滞が発生するしても幹線道路への影響を抑える狙いがあるのかな?と思いました。3.11大震災のときはGS渋滞が発生、幹線道路は酷い有様でした。もう既に忘れている人がいるかもしれませんが。。。

朝早かったためかコストコGSには給油している車両は1台もなく、スムーズにレーンに入れました。
クルマのエンジンを停止させ、精算機で給油の手続きを開始すると「コストコ会員カード裏面のバーコードをかざせ」と音声案内されます。
事の事態を理解できずにまごついていたら、係員がやってきて親切に教えて下さいました。
それ以降は通常のセルフ式GSと同じで変わったところはありません…精算方法がコストコオリコ・アメックス・プリペイドカードの3択しか無く、現金支払いが出来ないことを除いて。
給油ノズルは一般的なセルフ式GSよりも短いようでしたが、特に問題となるようなことはありません。
給油ノズルの根本にあるゴムカバー(トイレのスッポンみたいなやつ?)が給油口に密着するので、妙な安心感がありました。
「荷卸や給油時に、ガソリン蒸気が大気に放出するのを防ぐベーパー回収機能付き」とあるので、これがそれなのかも?
欧米でガソリンは臭わない 日本が抱える問題を現職知事指摘
満タンに近づくと給油スピードが急減速することも給油タンクの圧力変動を感知しているのかもしれない。
最先端の給油システムがそこにある…と言うとちょっと大げさかな?

気になる価格はハイオク 133円/リッターでした。
山形市内では最安値でしょうが、近隣のGSにも+1円で追従しているところがあるので、わざわざコストコに来て給油するほどのことではないと思います。
あくまでも買い物ついでに…が正解でしょうね。