映画『最高の人生の見つけ方』

12年前の映画になりますがAmazon Prime Videoで『最高の人生の見つけ方』を観ました。余命宣告を受けてからどう生きるのか?迫りくる死の恐怖に怯えながら生きることは、非常に辛く厳しいことだと思いますが、経験が無いためそういう境遇に置かれた人達の心に寄り添うことは難しいです。

人間はこの世に生を受けてから成長を続けますが、あるときを境にして死に向かって老化をはじめます。命あるものの真理として誰も死から逃れることは出来ません。医療技術が発達し、人々の平均寿命は伸びていますが、「生きている」というより「生かされている」と言った方が正しい人も多いでしょう。

満ち足りた人生だった…と思ってこの世を去ることが出来れば幸せだと思いますが、少なからず後悔や未練は残るんだろうなぁ。。。