ホルモン居酒屋 てんま分店 ~ホルモンすき焼き定食~

今日のランチは山形駅西にあるホルモン居酒屋 てんま分店さんへ。山形に引っ越して丸6年、店の前を何度となく通ったものの、いままで入る機会を見い出せないでいたのでした。それが今年になって気がついたらランチ営業を始めていて、ようやく行けたという話です。

ランチ営業はホルモンすき焼き定食のみという男らしさ!

店長さんは女性のようですが…(笑)。

この状態で運ばれてきて、コンロに乗せて点火して待ちます(一連の作業は店員さんがやってくれます)。キャベツがドン!と載っていてホルモンが見えない(笑)。

キャベツに火が通るとしんなりとしてきて、食べ頃になるとライスが運ばれてきます。鍋の具を生卵を溶いた器につけていただきます。

鍋に残ったライス、残った溶き卵、胡麻、葱、追加のスープを入れて「おじや」にします。すべてを残さず食べきりました。身体がポッカポカに温まり、額は汗びっしょり(笑)。


食べ終わって店長さんと少しお話をさせていただきました。ランチ営業は今年の7月18日から始めたそうで、その日は姪の入籍日なんだそうです。

今年の夏は非常に暑かったので、周りの人からは「718…な(7)い(1)わ(8)」と言われたんです…と。

いやいや、7月18日はワイの誕生日ですよ!と勝手に盛り上がりました(笑)。その店長さん、オーナーに「ランチ営業をさせてください」とお願いし続けて4年越しに願いが叶ったと言っていました。情熱は人の心を動かすんだな…ワイはまだまだやなと思った次第。ものすごくホスピタリティの高い店長さんでした。この仕事が好きで好きでたまらないといったオーラを感じるくらい。
ONE DRINK SERVICEチケットをいただいたので、今度は夜に行ってみようっと。