ABA-DZF4R Car Wash No.087

前回から2週間振りの洗車です。先週の日曜日は朝から雨が降っていて、洗車出来なかったのでした。今朝は5時30分過ぎに目が覚めて、外を見て雨が降っていなかったので、いそいそと洗車行動開始です。

今回はボディよりも先にホイールの洗浄から(セオリー通りです)。久しく洗っていなくてブレーキダストとブレーキローターの赤錆で酷い汚れでしたよ(苦笑)。日立工機コードレス高圧洗浄機(AW18DBL)で大きな汚れを吹き飛ばし、ホイールにGRIOT’S GARAGE ホイールクリーナーをスプレーして、2~3分くらいおいてからGRIOT’S GARAGE ラムスキン 4フィンガー ミットで優しく撫で回し(笑)、日立工機コードレス高圧洗浄機(AW18DBL)で念入りに濯ぎます。

ボディの方は、水垢がついている箇所(左右ドアミラー下部、給油口下部)のみ、Formula G-510AvaneQ 洗車タオルで洗って水垢を落とし、残りは日立工機コードレス高圧洗浄機(AW18DBL)で優しく水洗いしました。

水分の拭き取りにはGYEON SILK DRYERを1枚、AvaneQ 洗車タオルを1枚使いました。そして先週は雨のために出番の無かったリーサル・ウェポン「コードブロワ」の投入です。リアスポイラー、フロントグリルの格子、ドアミラーの隙間、ドアのストライカーなどの「拭いても拭いてもいつまでも水が垂れてくる箇所」の水切りが素早く出来て

もっと早く買っておけば良かった!

と、声を大にして言いたいです(笑)。Amazonのレビューでは。マキタのコードレスブロワと比較して風量が弱くてダメという評価が多いのですが、初めてつかう分にはHiKOKIのブロワでも十分OKだと思います。ただ、風量の調節がスイッチの握りの深さによるので、最初に加減がわからずグッと深く握ったら「ぐぉぉぉぉ!」とけたたましい唸り音を上げて風を吹き出したので驚きました。最大風量で使うとなると閑静な住宅街で深夜・早朝の使用は苦情が出るレベルでしょう。調整して握ると掃除機レベルの騒音になるので、これくらいが許容範囲かな。あくまでも想像ですが、許容範囲の騒音レベルにおいて、マキタの方が風量はあるのかもしれません。