X-ICE ファーストインプレ

スタッドレスタイヤを X-ICE に履き替えてのファーストインプレッションです。
まだ雪上・氷上走行は未体験、馴らし走行すら終わっていませんが(汗
一番最初に感じるのはハンドルが軽くなったことです。
トレッド剛性が弱くなるとハンドルが軽くなるという情報からすれば当然の結果でしょうね。

205/40R17→195/55R15への変更で乗り心地も良くなり(エアボリュームが違うから当然)、段差を越えたときのショックが小さくなりました。うまくタイヤでショックを吸収していることがよくわかります。
スタッドレス特有の腰砕け感ですが、前履いていたFALKEN EP-01と比べるとかなり改善されています。
FALKENの時はかなり違和感というか、車体が左右にぐにゃぐにゃっと振られるような感じがあり、スタッドレスで走るのがイヤなくらいでしたから。

スタッドレスタイヤにしては硬いと言われてますが、夏タイヤと比較すると柔らかく感じます。
ただ205/40R17と195/55R15のタイヤサイズは違うし、純粋な比較ではないので、同サイズだったらそれほど違いを感じないかもしれません。
17インチのスタッドレスタイヤなんて高くて買う気がしませんが。

前の記事

武田菓子店 北目店

次の記事

バッテリー注文